ガルフィルム(GARFILM)の特徴 2

ガルフィルム (GARFILM) 二軸延伸PETフィルム <特殊タイプ>

表面処理
PT007、PT008、PT088
一般的にERベースにインライン表面処理(片面・両面)
PT007は、特に溶剤系コーティング、汎用インク、UVインクの密着を目的に設計
(特に、日本国内の工業用コーティング、印刷多用途でPT007が注目されています!)
PT008は、特に溶剤系コーティング、汎用インク、UVインクの密着を目的に設計
PT088は、水系コーティング用に設計、SRも13乗
EMCL、OPQベースへの同処理した製品も可能です(要相談)

コロナ放電処理
現在コロナ処理タイプは製造しなくなりました。

共押し出し(2層)タイプ
PT005
ヒートシールタイプ
食品包装用、ふた材、メタルラミネート用
その多用途の可能性は、製品設計により広がる

  

* その他用途や要求に応じ開発可能(ビジネスのポテンシャル等要打ち合わせ)

ガルフィルム(GARFILM)の特徴 1に戻る

是非ご評価お願いいたします!